放射性セシウムを高濃度で閉じ込める材料の開発に成功

産経新聞によると、


東京電力福島第1原発事故で

高濃度の放射性汚染水が海水などに

流出している問題で、

放射性セシウム137は半減期が30年と、

比較的長く水に溶けやすいため、

安定した固体化合物に吸蔵して


地下深くに埋設・貯蔵することが

環境への拡散を防ぐのに有効とされている。


独立行政法人物質・材料研究機構(茨城県つくば市)は、

放射性セシウム137を吸収し安定的に閉じこめる

材料の開発に成功したと発表した。



内容は、

同機構の阿部英樹主幹研究員らのグループは、

酸化チタンとセシウムを液体状の酸化モリブデンに溶かし電気分解した。

その結果、結晶化した酸化チタンは

1立方センチ当たり1グラムのセシウム137を取り込み、

ほとんど溶出しないことを確認した。

角砂糖サイズの酸化チタンで、1立方センチ当たり

3万7千ベクレルの放射性汚染水87トン分の

セシウムを閉じ込められる。 とのことである。



セシウムを処分する最後の段階で役立つ技術

として期待されている。
【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。