放射線測定器 低価格化への開発

福島原発事故の放射線に悩む人々への

朗報か?


読売新聞によると、

京都大学の中村秀仁准教授らが

安価な放射線測定用センサーを

開発したという。


ペットボトルに使われる樹脂を

改良したもので、現在販売されている

測定器は、1台数万円以上するが、

この新素材だと、コストが10分の1以下に

抑えられるという。


安価な測定器が各家庭に普及すれば、

風評被害なども無くなるのではと

期待できる。
【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。