振動力発電でエコロジー

首都高の車両の通行料の多さはすごいものですが、

車の走行の振動をエネルギーに換えて

電気を作り出す技術が注目されている。



新動力発電といわれているが、

実用化されているところがある。



首都高の桜橋の照明などにこの

振動力発電が利用されている。



車の通行量の多い道路で利用可能であり

電力不足を補うクリンエネルギーとしても

もっと注目されても良いと思う。



エネルギー効率が高まれば、道路が

発電所になる可能性を秘めている。
タグ:振動力発電
【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。