レアメタルを使わないリチウムイオン電池の新技術開発に成功

リチウムイオン電池は、プラス極内に

レアメタルを含む無機性のコバルト酸リチウムを

使用するため、レアメタルの高騰に伴い

コスト面が問題化している。

有機物を代用した例もあるが、

電気容量や充電回数の寿命で劣っていた。



その問題を、解決する方法として、

リチウムイオン電池の原料に不可欠な

レアメタル(希少金属)を使わず、

大容量バッテリーを開発することに、

大阪大の森田靖准教授と

大阪市立大の工位武治特任教授の

研究グループが成功した。



研究グループは、プラス極に

レアメタルを含まない有機分子

「トリオキソトリアンギュレン(TOT)」

を使用。



有機分子は結合が不安定とされるが、

独自の技術でTOTを制御して

バッテリーを設計したところ、

リチウムイオン電池の1.3〜2倍の

容量が得られたという。



この新技術で、電池の小型軽量化と

低価格化が可能になると見られている。
【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。