第二のレアアース、中国の輸出制限に対抗

漢方薬の約7割に使用されている甘草は、

中国が最大の輸出国であったが、

乱獲で資源を守るため輸出が制限されている。



日本で甘草は、すべて輸入に頼っているため

甘草が、第二のレアアースと呼ばれている。



大阪大の村中教授と理化学研究所などのグループが、

甘草の薬効成分の人工合成に成功したという。



甘草に含まれる「グリチルレチン酸」は、

抗炎症薬や抗アレルギー薬などに使われる。



パン酵母菌に合成に欠かせない遺伝子を組込んで、

培養すると、微量の「グリチルレチン酸」が

生成されたという。



酵母での人工合成は、日本の得意分野、

生成量は、今後飛躍的にアップするはず

というから、早期の実用化が待たれる。
【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。