宇宙行きエレベーターの構想

SFの世界の話が現実になる?


エレベーターに乗って地上から

宇宙へ行ったり来たり、

そんな構想を2050年までに

実現させると、大林組が発表している。



カーボンナノチューブのケーブルで

3万6000Kmにターミナルを設置

さらに9万6000Kmの高さに錘を

つけて、バランスを取る計画とか。



実現の可能性がでてきたのは、

鋼鉄の20倍以上の強度を持つ

カーボンナノチューブの存在がある。


【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。