人工クモ糸繊維の量産化に成功 

前にクモの糸を人工的に合成する技術を

確立したと紹介したが
----------------------------------------------------
クモの糸を人工的に合成
http://airobo.seesaa.net/category/8956577-21.html
----------------------------------------------------

その続編で量産化に成功したニュースです。

「脱石油による高性能繊維の開発と生産を目指すバイオベンチャー企業スパイバー(鶴岡市、関山和秀社長)は24日、人工合成したクモ糸繊維を量産できる技術開発に成功し、世界で初めて産業化が可能になったと発表した。

合成クモ糸繊維の強度は鉄鋼の4倍、伸縮性はナイロンを上回り、耐熱性は300度超を誇るクモ糸の特性を生かした繊維。炭素繊維にはない伸縮性、合成ゴムにはない硬さを兼ね備え、次世代素材と目される。慶応大先端生命科学研究所(鶴岡市)発のスパイバーは、バクテリアにタンパク質を作る遺伝子を組み込み、人工合成を成功させた。

新素材は「QMONOS(くものす)」と命名、自動車車体などへの利用を想定している。この日、工業製品のサンプルとしてドレスを披露し、世界に向けて革新的な技術をアピールした。」


ベンチャー企業の凄さを実感したところです。
山形新聞 5月24日(金)配信から抜粋
【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。