ターボ、スーパーチャージャーの復活

過去の技術と思われていたターボ技術が
エコカーの要求に有効であることが
見直されている。

燃費向上のため、一クラス小型化したエンジンに
過給器をつけて、馬力をアップして
同クラスの馬力を確保するダウンサイジング技術
である。

同じクラスのエンジンに比べ、4割近くも
燃費が向上するという。

日本のメーカーでは、日産が販売を開始し
トヨタも追随している。

新興国向けに販売を強化している
posted by 探求者 | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。