帆船の大型商船の設計で燃料3割節約

東京大学の海洋船舶工学の大内一之教授を中心とする

研究チームは、アルミ合金製の帆50m×9枚の大型帆船

設計した。(読売新聞)



エンジンと併用して推進するが、毎秒12メートルの

横風があればエンジンなしで、時速約30Kmの速さが

出せるという。



貨物運搬の為に、大きなエネルギーを消費する現在で、

エネルギーの無駄遣いを減らせる上で、有効な方法

だと思う。
posted by 探求者 | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。