ガンを防ぐ物資を神戸大が発見

がん防ぐ物質発見、神戸大 マウスで効果

2013年4月30日、共同通信によると

神戸大でがんを防ぐ物質を発見、

マウス実験で効果を確認したという。

記事本文:
「多くのがんの発症に関与するタンパク質
「Ras(ラス)」の働きを阻害する化合物を、
神戸大大学院の片岡徹教授らのグループが発見し、
29日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

化合物をマウスに投与し、がん増殖を抑えており、
新たな抗がん剤開発につながると期待される。


Rasを作り出す遺伝子が突然変異している場合、
Rasは他のタンパク質とくっつき、細胞を
がん化させる信号を伝達するようになる。

グループによると、がん全体の原因の約2割は
このケースで、大腸、膵臓がんで割合が特に高い。」

先端医療研究分野で、成果を出しても、製品化までの

過程で世界に遅れをとっている日本は、大胆な規制緩和と

国の縦割り行政の弊害を直さないと、医療後進国になって

しまう懸念がある。
【先端科学の最新記事】
posted by 探求者 | 先端科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。